水切りかご

不可欠だと思いこんでいた『水切りかご』さま。食器を洗ったら、そこに放り込むのが当然だと疑いもせず、日々水切りかごと格闘していたのだ。ほぼ毎日洗っているにも関わらず、不思議なことにちゃんと汚れるのである。素敵なステンレス製のものを愛用していたが、やはりその重さは洗う度にストレスに。出産を機にプラスチック製のものに買い替え「やや」ストレスは軽減されたものの、歯ブラシ、爪楊枝、時にはブリーチが必要となる。継ぎ目等を確認し、汚れ難いものを吟味して買ったはずなのに(わたくし、やや潔癖症)。

ある日ふと、そもそもこれは必要なのかしらと思いたち、お別れを決意。なくても困らないどころかむしろない方が断然よい。大判の布巾で充分。カトラリーや調理箸を先に洗い、その上に食器類を積み上げていく。慣れれば簡単。間違いなく我が断捨離史上、最良の決断。2番目はお靴。「御」靴!