Bookshelf

主人が苦笑するほどの頻度で本を入れ替える。リビングの本棚は背表紙の色ごとに並べるのが好き。思い出の本には特別な場所を、時間のある時に読み返したい&まだ読んでいない本のコーナーも。「この本達はお隣同士に」という自己満足なこだわりや、時には途中で飽きてぐちゃぐちゃのセクションも。 壁一面に大きな本棚を作ったらと主人が言ってくれるのだが、本棚ごとに個性があるのも喜び。もちろん家中の本を1箇所に集めてそれを並べるのも、想像するだけでうきうきしてくる。そんな時はきっとJacquessonとともに♡

子供用本棚も成長とともに頻繁に整理。長女に関してはほぼ本人にお任せ。もう読まなくなった本、次女に譲る本の選別も。私より次女のことをよくわかってるなと毎回感心させられる。季節にそった本をリビングの籠に入れておくのだが、先日クリスマスの準備をしていると、ぴったりの絵本、CD、DVDをその籠に入れてくれた。「スノーマンもクリスマスっぽいし、Grinchは絶対よね」自分の本棚もテーマを決めてデコレートしているしね、これからは長女の仕事としよう。

次女の本棚は私が整理。彼女の場合は、本を正しく(背表紙が見えるよう、上下も逆さにならないよう)しまえれば合格。そろそろ日本語と英語をわけようかな。 

主人は歴史と古書を愛するが、コレクター癖がない。ヘルシー!お父様に譲られた古い『シェイクスピア』のみ、私が母から譲り受けた『日本の歴史セット』のお隣に(ちなみにお父様の本棚はたまらなく魅力的でついつい見とれてしまう)忙しい彼は、現在数ヶ月に1冊というスローペース。いつか博物館にあるようなふる〜い本を手にとって愛でる日を楽しみにしているのだ。その時はとっておきのスペースを。